바로가기
메인메뉴로 바로가기
콘텐츠 바로가기
하단메뉴로 바로가기
패밀리사이트 바로가기



挨拶の言葉

HOME > About YUHS > 挨拶の言葉

子供たちの歯科恐怖症、心配しないでください


尹道欽

1885年に宣教医師アレンにより設立された延世大学校医療院は、韓国初の近代医療機関である廣恵院・濟衆院を母体とし、1904年に起業家セブランス氏の寄付によりセブランス病院として生まれ変わった歴史と伝統を持っています。

延世大学校医療院は、百年を超える歳月の間、研究、診療、教育の三拍子を備え、創意的かつ効果的な医術開発とその適用による人類の健康増進に努めており、2005年に最先端のユビキタスシステムと先端医療装置を備えた1,000床規模の新しいセブランス病院の建物をオープンしました。

また、江南セブランス病院、歯科大学病院など、分野別、地域別に特化された競争力のある傘下機関と共に、アジア最高レベルのロボット手術(Robotic Surgery)、トモセラピー(Tomotherapy)、放射線治療、手術用MRI(i-MRI)など、先端施設と医療装置で最高の医術を惜しまず提供し、アジアの医療の中心を越えてグローバルセブランスに向かって邁進しています。

2007年には大韓民国の医療機関で最初にJCI(国際医療機関評価委員会)認証を受け、装置や設備などのハードウェアだけでなく、その中のソフトウェアを形成するプロセスやシステムの優秀さも国際的に認められました。

延世大学校医療院はこのようなインフラとシステムに基づき、韓国を越えて世界へ進出するグローバル医療機関となれるよう努力いたします。ありがとうございます。
 

延世大学校医療院長 尹道欽

 

콘텐츠 처음으로 이동


\