바로가기
메인메뉴로 바로가기
콘텐츠 바로가기
하단메뉴로 바로가기
패밀리사이트 바로가기



ニュース

HOME > About YUHS > ニュース

2011年 延世-セブランス ロボット手術学会を盛況に終えて

2011年 延世-セブランス ロボット手術学会を盛況に終えて

2011年8月25日から27日まで3日間、延世大学セブランス病院でロボット手術学会の‘Yonsei Severance Live 2011”を開催した。 胸部外科でも世界的なロボット手術の権威者である米国、テキサス医大キャンプ、コンスティン教授とオランダのヒレジョスボグ教授その他の数名が参加した中で、食道癌手術試演を生中継した。 手術が進行される間、各国で参加した50人余りの医療スタッフらのあいだに活発な討議が行われ、客席と手術を執刀したキム・テジュン教授間に質問も行き来した。手術中継が終わった午後には、胸部外科領域で使われるロボット手術に関する経験・およびその結果に対するシンポジウムが進行され、最近国内で論議になっているロボット手術の費用と効果に関し議論する特別な時間を持つこともできた。今年で4回目を迎えるロボットシンポジウムで、胸部外科分野に参加する外国医師たちの数字がますます増加しているが、これは日本をはじめとするアジア各国でロボット手術に関し深い関心の結果と考えられる。

食道癌ロボットlive surgery場面
食道癌ロボットlive surgery場面


シンポジウム後 記念写真
シンポジウム後 記念写真

콘텐츠 처음으로 이동


\