바로가기
메인메뉴로 바로가기
콘텐츠 바로가기
하단메뉴로 바로가기
패밀리사이트 바로가기



小児神経外科

HOME > 診療科&クリニック > 診療科 > 子供病院 > 小児神経外科


 
image of pediatric_neurosurgery department

小児神経外科

小児神経外科は国内で初めて小児神経外科を細部専攻として特化させ、専門の医療スタッフが診療を行っており、診療用の最先端の装備と小児関連科との有機的な繋がりを持ち、治療成果の極大化を目指しております。 最先端の治療 / 装備 最先端の治療法: ニューロナビゲーションシステムを利用する脳内視鏡手術 手術用のMRIを利用する脳腫瘍/癲癇手術 最新の手術用顕微鏡とニューロナビゲーションシステムを連結して脳腫瘍/癲癇の手術 最先端の装備と施設:手術用MRI 専門的な診療内容

•もやもや病:珍しい疾患となっているが、かなり多くの患者が発生しており、成人になってからも専門家の管理が必要で、治療 に留意しなければならない脳血管疾患
•二分脊髄症:先天性の中枢神経系奇形:出産率の低下と産前診断の発達により減少の傾向にあるが、相変わらずかなり多い患者 が発生しており、複雑な疾患で、様々な分野の医者が関わる難しい疾患であるが、初期に積極的で適切に治療を行えば、障害を 予防し、病気の重さの程度を軽減できる疾患である。
•小児癲癇手術:小児神経科と有機的に診療協力をすることが重要な疾患で、積極的で多面的な治療をすることで良い成果を収め ることができる。
•水頭症:内視鏡手術の発達と最新技術が適用された器具を利用し、良い成果を収めている。
•小児がん:最先端の手術装備と手術法の発達で、良い成果を収めている。
•脳性麻痺:疾患の発生がかなり減少する傾向にあるが、脳性麻痺による下肢硬直に対する手術は現在まで高い成果を生み出し ており、毎年持続的に行われている。
•脳内視鏡手術:大勢の水頭の患者を内視鏡の手術をすることで短絡管なしで解決しており、難しい部位の脳組織の検査に利用し て危険を最小限に抑え、良い結果を出している。

 
Doctor list
写真 名前 専門診療分野

キム?ドンソク 小?神?外科、?腫瘍外科

シム?ギュウォン 小?神?外科、頭部外傷

パク?ウンギョン 小?神?外科、?腫瘍外科

Go to top

\