바로가기
메인메뉴로 바로가기
콘텐츠 바로가기
하단메뉴로 바로가기
패밀리사이트 바로가기



小児外科

HOME > 診療科&クリニック > 診療科 > 子供病院 > 小児外科


 
image of pediatric_surgery department

小児外科

小児外科は1975年に国内の病院の中では一番最初に開設され、年間約1,000件に近い手術を行っており、鎖肛、食道閉鎖症、腸閉塞、先天性巨大結腸症、横隔膜ヘルニア(脱腸)などの新生児から発見される先天性奇形の治療、小児の排便障害と小児悪性腫瘍に対する特殊診療を行っております。また、小児からよく発見されるヘルニア患児は、入院を必要とせず当日に手術を行っております。 最先端の治療 / 装備 最先端の治療法:国内にただ一つある専門化された胆道閉鎖、鎖肛の手術、手術の傷跡がない先天性巨大結腸手術、小児腹腔手術、ロボット手術、先天性気管狭窄症の手術法の開発(スライド気管形成術)、産前に診断を受けた場合には、産婦人科と緊密に協診を行い、胎児の手術または出生後の手術を行っております。 最先端装備と施設:小児と新生児の腹腔鏡、Davinciロボット手術、カプセル内視鏡 専門的な診療内容

•全般的な先天性奇形に対する診療
•小児鼠蹊部脱腸
•特性を活かした診療:胆道閉鎖クリニック、胆管嚢腫、鎖肛、先天性巨大結腸症、便失禁、便秘、小児がんに対する専門的な診 療と手術

 
Doctor list
写真 名前 専門診療分野

ハン?ソクジュ home 先天性奇形、?道閉鎖、?管?腫、胎?手術、排便障害?腸

オ?ジョンタク ?腸、先天性巨大結腸症、肛門直腸奇形、排便障害、その他先天性奇形、小?腹腔鏡手術

Jenchien Hu

Kyong Ihn

Go to top

\