바로가기
메인메뉴로 바로가기
콘텐츠 바로가기
하단메뉴로 바로가기
패밀리사이트 바로가기



細胞治療センター

HOME > 診療科&クリニック > 専門診療センター > 細胞治療センター


細胞治療センター紹介

セブランス病院・細胞治療センターの開院に際して21世紀の生命工学の最終目標は、“生き方の質の向上”にあります。
1900年代には平均寿命が45歳に過ぎなかった人間の寿命が、今は80歳にまで延びました。それに従って派生的に、臓器再生と難治性の疾患を征服するための人々の要求度は益々高くなる一方です。
セブランス病院は国中から難治性の患者様が移送されてくる国内において最大規模の病院です。国内の医療機関の中では初めで院内にGMP施設を備えており、今まで当院の専門のスタッフたちを中心に細胞の培養、細胞の増幅、造血幹細胞の定性的な分離技術を開発し、細胞治療剤の冷凍技術、幹細胞の分化による信号伝達体系の確立などの多くの研究技術を蓄積してまいりました。特に造血幹細胞の移植、臍帯血の移植のみならず、心臓疾患の患者様に対する細胞移植などの経験も持っております。
新しく開院する細胞治療センターでは、そのような技術を土台にGMP施設を利用し、品質が保証された細胞治療剤を生産して供給する予定であり、延世大学医科大学の多くの基礎研究の成果を最も早く臨床研究に繋いでいくことができるCell Processing Centerとしての位置を占めていくだろうと考えております。また、人由来細胞を臨床に利用できる細胞銀行(Cell Bank)を構築するために全力を尽くしてまいります。
今後もセブランス病院の細胞治療センターでは、難治性の疾患で苦しんでおられる多くの方々に細胞移植治療をはじめとする遺伝子治療、再生治療などを提供することができるように、最先端の医療技術の開発に拍車をかけてまいります。
また、臨床医師たちの研究を積極的に支援し、研究結果の商品化に参加する企業と幅広い交流を拡大してまいります。
21世紀国家細胞治療剤・開発プロジェクトの中心に立って、治療用の細胞治療剤の生産と保健産業のインフラを構築するために最善を尽くしてまいります。ただ細胞治療剤の安定性と有効性を確立するだけでなく、国内の細胞治療剤の開拓者としてその使命を全うしていくことをお約束いたします。
 

콘텐츠 처음으로 이동


\