바로가기
메인메뉴로 바로가기
콘텐츠 바로가기
하단메뉴로 바로가기
패밀리사이트 바로가기



糖尿病センター

HOME > 診療科&クリニック > 専門診療センター > 糖尿病センター


糖尿病センター紹介

当セブランス病院の糖尿病センターは1986年に糖尿病診療所を開設し、1996年には総合糖尿病センターを開所いたしました。早くから専門化システムを備え、国内の有数な病院のベンチマーキングの対象になっており、現在まで6,000人の登録された糖尿病の患者様を管理しております。糖尿病の専門医師と栄養士、看護師、臨床検査技師などで構成されている医療スタッフと診療室、血管検査室、眼底撮影室、神経検査室、自律神経障害検査室、栄養相談室、看護相談室、糖尿教育室などのスペースと、各種の最先端の医療装備などを備えております。また、1週間に1回ずつ糖尿病の教室を運営し、糖尿病の原因の分析、運動治療、薬物治療、栄養相談、看護相談などを行っており、毎年、患者様と保護者の方々のための糖尿病の公開講座と、分期ごとに主治医とのミーティングのような行事を行っております。
糖尿病は単純に血糖が高いことが問題になるのではなく、糖尿病に伴われる急性・慢性の合併症により深刻な障害と死亡に至らしめる可能性があるので、徹底した管理と予防が必ず必要です。世界保健機構(WHO)と国際糖尿病センター(IDF)が公表した糖尿病に関する四つのメッセージを見ると、糖尿病は全世界的に広く広まっており、その発病率が急激に増加し、命を危険にさらす重大な疾患であることがわかりますが、適切な管理と治療を行うと、糖尿病の患者様も全く健康な生活が営め、多くの場合、糖尿病は予防できることがわかります。当センターでは総合的な糖尿病の診断、管理、合併症の治療を行っており、一人一人の患者様のために、最善の診療と最高のサービスで、絶えず努力し、精進してまいります。
 

콘텐츠 처음으로 이동


\