바로가기
메인메뉴로 바로가기
콘텐츠 바로가기
하단메뉴로 바로가기
패밀리사이트 바로가기



国際診療センター

HOME > 診療科&クリニック > 専門診療センター > 国際診療センター


国際診療センター紹介

1895年、アメリカの宣教師であるアレンによって広恵院が設立され、翌年、広恵院は済衆院に名前が変更されて韓国最初の近代的な医学校が設立されました。
1904年、Severance氏の協力を得て韓国最初の近代式病院であるセブランス病院が開院され、その後、セブランス病院は韓国の医療界を先導する機関として国民の健康を守ってまいりました。そして“寄留者を愛しなさい”という言葉にしたがい1962年に外国人の診療所を開院するようになりました。
上手に英語を駆使する医師たちと職員たちが、外国人が韓国に来て経験する意思疎通の不便さなどに対応してサポートをし、国際的なレベルの医療を提供することで、韓国にいる外国人の方々が安心して医療サービスが受けられるようにお手伝いいたします。
また、外国に行く予定の韓国人の方々のためには、留学や海外就業のための身体検査などを提供しており、現在、6カ国(ニュージーランド、アメリカ、中国、カナダ、フィリピン、オーストラリア)の大使館の指定病院としてビザの手続きのために必要な各種の身体検査も行っております。
その他にも海外旅行のための予防接種などの情報も一緒に提供し、名実ともに国際健康管理センターとしての役割を果たしております。
 

콘텐츠 처음으로 이동


\