바로가기
메인메뉴로 바로가기
콘텐츠 바로가기
하단메뉴로 바로가기
패밀리사이트 바로가기



ロボット内視鏡手術センター

HOME > 診療科&クリニック > 専門診療センター > ロボット内視鏡手術センター


ロボット内視鏡手術センター紹介

セブランス病院は2005年7月、韓国で初めてロボットを利用した外科的な手術を成功的に行っており、アジアでは最短期間内に4,000件以上のロボット手術を行いながら、ロボット手術の手術技法と医療体制において急激な成長を成し遂げました。現在は単一医療機関としては国内で最大の5台(3台のS型、最新機種である1台のSi型、ロボットレーニングセンターに1台のS-HD型)のダ・ヴィンチロボットシステムを備えております。ロボットは特定の科に偏らず、外科、泌尿器科、婦人科、胸部外科、心血管外科、耳鼻咽喉科、神経外科、小児外科などの複数の科がお互いに協力し合って様々な手術を行っており、外国の他の病院とは差別化されたロボット手術のメッカとして位置づけられております。最近ではこのようなロボット手術の優秀性が全世界に知られるようになり、外国人の患者様に対するロボット治療が次第に増加する傾向にあります。
このような世界最高レベルの手術技法を土台に、2009年6月、セブランス病院は国内では最初、アジアでは香港に次いで2番目にアメリカのインチュイティブロボット製作会社(Intuitive Surgical, Inc.)が公認する国際ロボット手術トレーニングセンターを設立しました。当セブランスロボット手術トレーニングセンターは、ロボット機械の使用法と基本の手術技法を身につけることができる完璧な教育プログラム(動物試験、死体試験)と設備を備えており、様々な分野の外科医師たちのための特化されたロボット手術教育モジュールを提供しております。また、手術室の看護師のための教育プログラムも行っております。
セブランス病院のロボット手術センターには、毎年、全世界の多くの外科医師たちが、胃、甲状腺、泌尿器、大腸などに対する多様なロボット手術の教育を受けるために相次いで訪れており、新しいロボット手術の開発と手術技法の教育において、アジアではもちろんのこと、全世界の中心になることを目標としております。 

콘텐츠 처음으로 이동


\