바로가기
메인메뉴로 바로가기
콘텐츠 바로가기
하단메뉴로 바로가기
패밀리사이트 바로가기



脳卒中センター

HOME > 診療科&クリニック > 専門診療センター > 脳卒中センター


脳卒中センター紹介

189セブランス病院の脳卒中センターは脳卒中を専門的に治療する神経科、神経外科、映像医学科、リハビリテーション医学科、応急医学科、看護チーム(コーディネーター、専門看護師)、社会事業科、栄養科、過程看護事業所、診療協力センターなどの優秀な専門スタッフで構成されており、最新施設の脳卒中集中治療室(Stroke Unit、本館11階)、神経外科重患者室(NCU、本館8階)、脳卒中専門病棟(本館111病棟)、脳卒中リハビリテーション専門病棟(リハビリテーション病院51病棟)で、脳卒中の治療を担当しております。以前構築されたチーム接近プログラムを基盤に、脳卒中の患者様の診断と治療のすべての過程において、協力体系と標準診療の指針を適用し、最高の質を確保・維持しております。脳卒中の新しい最先端の診断、治療法の開発、適用、普及を通じて先導的な役割を行っており、急性脳卒中の患者様と高難易度の施術が必要な患者様を、迅速に当院に転院させる体系と、早期退院プログラムを導入して1,2次病院に転院させる体系を備え、相互発展する診療体系を築いております。
外来では脳卒中クリニックで脳血管疾患の検診プログラムを通じて高危険群を見つけ出し、一人一人の個人様に合わせた特化された予防プログラムを適用することができる検診プログラムを運営しております。
研究の面ではプロトコールに基づいた体系的な臨床資料を蓄積することで、活発な臨床研究を行っております。
教育と広報においては医師、看護スタッフを含む専門人材の教育を行うために専門的な教育プログラムを運営し、医療スタッフの資質を向上させることで診療の質を高めるようにしております。一般人を対象に教育を行い、また、ホームページを通じて脳卒中の患者様に対して教育と広報活動を行い、患者様の自己健康チェックと管理もできるようにし、ほかの医療機関の医療スタッフを教育することを通じて、先導的な位置を維持しております。
 

콘텐츠 처음으로 이동


\