바로가기
메인메뉴로 바로가기
콘텐츠 바로가기
하단메뉴로 바로가기
패밀리사이트 바로가기



不妊クリニック

HOME > 診療科&クリニック > 専門クリニック > 不妊クリニック


不妊とは?

夫婦が避妊をしないで1年以上正常的な夫婦生活を行っても妊娠できない場合のことを言います。不妊は妊娠に至らなかっただけで、妊娠不能ということではありません。研究の報告によると、不妊の発生頻度は全体の女性の10~15%程度で、一般的には女性の年齢が高くなるほど不妊の可能性は大きくなります

不妊の原因
 

伝統的には不妊のすべての責任を女性のせいにしてきましたが、実際の不妊の原因は男性と女性の割合がそれぞれ40%程度で、それ以外の約10%程度はすべての不妊検査を行ったにもかかわらず、原因が発見されておりません。

女性側の原因
  • ホルモンに異常がある場合 
  • 排卵がうまくできない
  • 卵管に異常がある場合 
  • 子宮に異常がある場合 
  • 頸管粘膜に異常がある場合 
  • 腹腔内に異常がある場合
男性側の原因

最も多い原因としては精子の運動性異常、精子の数の不足、奇形精子などを挙げることができ、その他にも精索静脈瘤、性機能障害、性器奇形、精管閉鎖などがあります。.

不妊診断検査

すべての不妊検査の前に不妊の専門医と初めて相談を行う時、なるべく配偶者と一緒にご来院することが望ましく、その時、性行為の回数や方法、そして性生活に問題はないか調べます。

女性側の検査
  • ホルモン検査
    プロラクチン(prolactin)、LH、FSH、TSHなど
  • 排卵検査
    基礎体温表、尿検査、超音波検査
  • 性行為後の検査 (postcoital test)
    • 検査時期: 排卵期
    • 検査目的: 性行為後、3~4時間以内にご来院し、子宮頚管粘液を採集し、子宮頚管粘液の状態と、その中での精子の状態を調べます。
  • 子宮卵管造影検査(HSG) 
    • 検査時期: 生理が完全に終わった後 
    • 検査目的: 卵管と子宮内の問題の有無を調べます。
    • HSG検査のご予約をご希望の場合は、生理が始まったらすぐお電話をください。
  • 腹腔鏡検査
    • 検査時期: が終わった後
    • 検査目的: 全身麻酔をして子宮卵管造影検査(HSG)を行って異常があったり、原因不明の不妊、または子宮内膜症などの診断のために行われ、同時に治療も受けることができます。
  • 子宮頚部検査
    子宮卵管造影検査で子宮内に問題がある場合に行われ、検査と同時に子宮頚部の手術を受けることもできます。.
  • 子宮内膜検査
    • 検査時期: 翌月の生理スタート1~3日前 
    • 検査目的: 子宮内膜の一部を採集して行われ、この検査を通じて子宮内膜が生理の周期に合わせて適切に変化しているかを観察します。
男性側の検査
  • 精子検査
    3~4日くらい禁欲をし、ご主人が直接手淫で精液を採取します。この検査を通じて精液内の精子数、運動性、形がわかるようになります。 
  • 特殊検査
    精子検査で異常が発見された場合に行われ、ホルモン検査、精管撮影、睾丸組織生検、超音波撮影などがあります。

最新の不妊治療

人工授精
  • 対象
    • 頚管粘液の質が悪い場合 
    • 性行為後の検査を行った時に、頚管粘液の中にご主人の精子に対する抗体がある場合 
    • 原因不明の不妊
    • 排卵期に合わせた複数の性行為の後、妊娠に失敗した場合 
  • 方法
    排卵期にご主人の精液を採集して特殊培養液で精子を処理し、良い精子のみを集め、細いカテーテル(管)を利用して子宮の中に直接注入する方法です。 
試験管ベイビー
  • 対象
    • 卵管性不妊(卵管閉鎖、卵管癒着)
    • 男性不妊
    • 原因不明の不妊 
    • 人工授精に何回も失敗した場合 
  • 方法
    過排卵誘導をするために生理の2~3日目から過排卵誘導の注射を10~15日ほど受け、卵子の採取日は、卵胞の大きさと血液検査(E2数値)で決まります。
卵細胞質内精子注入法(ICSI)난자세포질내 정자 직접주입술(ICSI)

無精子症または精子減少症の場合に試みる試験管ベイビー施術の中の一つで、精子を卵子の細胞質内に直接注入し、人為的に受精を誘導する微細操作方法です。

콘텐츠 처음으로 이동


\