바로가기
메인메뉴로 바로가기
콘텐츠 바로가기
하단메뉴로 바로가기
패밀리사이트 바로가기



出産サービス

HOME > 診療 および 予約 > 診療 > 出産サービス

Delivering at Severance(セブランス病院での 分娩)

産婦のための情報

最近妊娠された産婦の方々にお祝い申し上げます。
セブランス病院で出産管理をサービスを受けようと計画された皆さんにお会いできてうれしいです。セブランス病院を通じて皆さんは妊娠中の間、最高の医療サービスを受けられます。 下記の内容は産婦に私どもがして差し上げるサービスと関連した情報です。

いつ診療予約が必要なのか?

最初産前診療:万一、妊娠と関連して初めて病院を訪問する場合ならば、最後の月経後6週で8週間に訪問しなければなりません。 万一、月経が不規則だったり、いつ妊娠されたのか確実でないならば、可能な限り早く予約して下さい。 診療希望日の1~2週前にあらかじめ診療予約をされるのが良いです。

他の病院から依頼された場合:初期産前管理は個人病院でも他の病院でするものの、分娩はセブランス病院で下記を希望されるならば、診療を担当する医者に最小24~26週が過ぎる前に私どもの病院で依頼してくれと要請して下さい。

訪問すればどんな検査を受けることになるのか?

先に下の“産前訪問および検査表”をご覧になって下さい。

一般的な帝王切開手術と自然分娩の入院期間
自然分娩の場合、普通2泊3日、帝王切開は5泊6日です。

夫がへその緒を切れるか?

自然分娩の場合、夫は分娩室に入ってきてへその緒を切れるが、帝王切開の場合、病院の方針によって手術室に入ってこられることができないから不可能です。

病室

分娩室および回復室:自然分娩の場合、産婦は子供病院6階分娩室で入院することになって、家族は控室で待たなければなりません。
一般病室:分娩後産婦は本科13階の1人部屋に移すことになります。 1人部屋病室には冷蔵庫、TV,ロッカー、シャワー施設があるお手洗い、ベッド兼用で使用できるソファなどが準備されています。 1人部屋には歯磨き粉、歯ブラシ、タオル、石鹸、スリッパ、シャンプー、リンスなど用品を提供します。

韓国での分娩前見学プログラム
分娩前見学コースがあるので、主治医と相談して下さい。

新生児がママとともに過ごせるか?
産婦人科病棟に入院したり、VIP病室に入院する場合、新生児は主に母親と同室できますが、夜間は新生児室に行かなければなりません。

出生証明書
セブランス病院は英語とハングルになった出生証明書を家まで郵送します。 必要な枚数と言語を新生児室看護師に知らせて下さい。
該当国大使館と出入国管理事務所に出生申告と関連した事項を相談して下さい。 要請する場合、必要な書類作成は私どもがお手伝いして差しあげます。

その他分娩オプション

  • 分娩関連の援助をしてくれる方(分娩管理社)は病院に共にくることができます。
  • 分娩が差し迫らなかった時は比較的自由に歩き回ることができます。
  • 必要によりOxytocin(分娩促進剤)が投薬されることができます。
  • 無痛分娩剤は処方可能です。
  • 手術室を除いては分娩のすべての過程に夫と家族がご一緒します。
  • 写真およびビデオ撮影も可能です。
  • 分娩直後に産婦は新生児を抱くことができます。
  • 母乳授乳は常に可能です。

(“産前訪問および検査表”)別途超音波検査は治療の連続性のために胎児検査の特殊超音波教育を受けた主治医によって実施されます。

콘텐츠 처음으로 이동


\