바로가기
메인메뉴로 바로가기
콘텐츠 바로가기
하단메뉴로 바로가기
패밀리사이트 바로가기



関節内視鏡手術

HOME > Why セブランス > 先んじる医療技術 > 関節内視鏡手術

内視鏡を用いた関節治療のアジアの盟主,世界的研究機関

内視鏡を用いた関節治療のアジアの盟主,世界的研究機関

関節鏡手術は小さな内視鏡で関節を見ながら手術する方法であり、切開部位及び組織損傷を最小限に抑えるので回復とリハビリが短縮され、術後早期に日常生活に復帰できるという長所があります。
セブランス病院の関節鏡分野は、8,000例以上の膝関節鏡手術及び2,000例以上の肩関節鏡手術を行い、25年間の経験と研究成果を蓄積しています。
特に、アジア関節鏡学会の初代会長を務めたキム・ソンジェ教授を中心に国際専門学術誌(SCI)に100編以上の論文が掲載され、自己開発した手術技法のビデオ発表が米国整形外科学会(AAOS)視聴覚図書館に10編以上登載され、膝関節手術のバイブル的な を執筆しました。
その他にも、様々な研究及び教育活動を通じて国際的に公認された研修過程(ISAKOS)により、アジアの関節鏡分野における先導的役割を担っています。

 

s

콘텐츠 처음으로 이동


\