바로가기
메인메뉴로 바로가기
콘텐츠 바로가기
하단메뉴로 바로가기
패밀리사이트 바로가기



胃癌手術

HOME > Why セブランス > 先んじる医療技術 > 胃癌手術

患者に苦痛を与える3要素をなくした世界最高の胃癌手術

セブランス病院胃癌クリニックの最終目標は、患者の生活の質まで考慮した最適な治療です。このために、胃癌手術において当然視されながらも患者には非常に苦痛であった3要素-メス、鼻カニューレ、排液管をなくしました。
メスの代わりに手術の全過程で電気焼灼器を用い、出血を最小限に抑えて切除を行うことにより、手術時間を通常の4時間から2時間に短縮しました。
患者に嘔吐や呼吸困難を誘発することもあった鼻カニューレを除去して副作用を減らし、回復速度を向上させました。傷口の化膿や取り外す際の深刻な苦痛を誘発していた排液管も挿入していません。
このような革新的な手術法により、通常10~12日程度の術後入院期間も5~7日以内に短縮しました。早期胃癌患者に対する腹腔鏡及びロボットを用いた胃切除術は世界最多を記録しています。

セブランス病院胃癌クリニックの成果

セブランス病院胃癌クリニックの成果
  • 世界最高レベルの技術で年間1,000例以上の胃癌手術を行う
  • 早期胃癌の内視鏡手術年間200例以上
  • 早期胃癌の腹腔鏡手術年間200例以上
  • 手術ロボット「ダヴィンチ」を用いた胃癌手術340例(2010年3月現在)

セブランス病院胃癌クリニックの責任者であるノ・ソンフン教授の医療成果

  • 1983年から25年以上8千人余りの胃癌患者手術
  • 術後死亡率0.5%、合併症15%、5年生存率64.8%を記録
  • 1996年に国際消化器外科学会で「電気焼灼器」による手術法を発表して以来、胃癌手術の
  • 新しい地平を開いた世界的名医と評価されている。
 

콘텐츠 처음으로 이동


\