바로가기
메인메뉴로 바로가기
콘텐츠 바로가기
하단메뉴로 바로가기
패밀리사이트 바로가기



心臓内科 ステント挿入術

HOME > Why セブランス > 先んじる医療技術 > 心臓内科 ステント挿入術

最新装置と検証された技術,韓国最高の脳疾患手術センター

最新装置と検証された技術,韓国最高の脳疾患手術センター

全世界の死因トップを占めるほどに深刻な疾患である心血管疾患を早期に診断、治療できる血管造影術とステント手術(金属網を用いた血管拡張術)は飛躍的に発展しており、韓国医療界はその先頭に立っています。
セブランス病院は90年代中盤から最新デジタル装置を導入して心血管疾患の早期発見と治療に活用してきました。98年には曲がった血管にも挿入が可能なステントを当院で開発してドイツの医療機器会社に技術移転したほどに先導的な研究能力を有しています。
熟練した技術と豊富な臨床ノウハウ、冠動脈コンピュータ撮影技法、血管内の超音波及び光干渉断層撮影技法などの最新医療技術を導入して年間1,400例に達する冠動脈成形術及びステント挿入術を行っています。。

 

セブランス病院脳・心血管疾患融合研究事業団

韓国政府は日を追うごとに増える韓国人の脳・心血管疾患に対処し、世界的な根本技術を開発するためにセブランス病院を支援しています。2008年にセブランス病院は韓国保健福祉家族部が支援する先導型研究中心病院に選定され、「ナノ技術を応用した血管疾患の選択的診断造影剤」、「血管拡張用次世代ステント」の開発をはじめとする脳・心血管疾患克服のための様々な研究及び治療過程を展開しています。

콘텐츠 처음으로 이동


\