바로가기
메인메뉴로 바로가기
콘텐츠 바로가기
하단메뉴로 바로가기
패밀리사이트 바로가기



患者中心の 診療システム

HOME > Why セブランス > 患者中心の 診療システム

なぜセブランス病院か?

海外の病院を選択するには様々な基準があります。ハイレベルな医療技術と先端装置を備えているか?施設や環境が便利で快適か?診療費が適切か?アクセスがよいか?…セブランス病院はこれらすべての基準をクリアした条件を備えています。

  • 医療水準と環境を評価するグローバルスタンダードの代名詞であるJCI認証を維持している世界最大規模の総合病院です。
  • アジアで最も多くのロボット手術の実績を有しており、甲状腺癌、食道癌、胃癌などの手術方法を世界で最初に開発するなど、先端医療技術の活用に優れています。
  • 患者の安全と利便性を最優先する診 優秀な医療陣を有する韓国の病院の診療費は、米国のわずか10分の1のレベル」です。

なぜ韓国のセブランス病院か?答えはセブランス病院だから可能な「最高の医療サービス」です。

患者に最善を尽くす最高の病院

セブランス病院の診療システムは、患者中心の協同診療という言葉に最もよく表れています。医療陣の専門性と治療過程の効率を最大化した協同診療システムは、究極的には、患者により高いレベルの医療技術と環境を提供するためのものです。このためにセブランス病院は、5つの専門病院、 8つの専門センター、16の専門クリニックを運営しています。

患者に最善を尽くす最高の病院

韓国を代表する世界的な病院ブランド

セブランス病院に対する韓国国民の信頼の高さは、病院に訪れる人の数で証明されます。病院の一日平均の流動人口は約3万人を越え、年間手術件数は約4万件に達します。
世界中の多くの人が記憶するノーベル平和賞受賞者である故金大中大統領がセブランス病院の顧客であり、韓国有数のVIPが最も多く訪れる病院ということから、あるメディアが「大統領の病院」という別名を付けたこともありました。
セブランス病院は、韓国初の外国人患者のための国際診療センターを開設した病院でもあります。韓国を訪れた要人が最も多く訪れる病院としても屈指の存在であり、年間約3万人以上の海外からの患者を診療しています。

ㄴ

先進医術を求めて国境を越える全世界の患者に

先進医術を求めて国境を越える全世界の患者に

国際診療センターで診療を受けるいわゆる医療先進国と言われる米国、ヨーロッパ、日本など各国の患者から、またセブランス病院に訪れた欧米先進国の著名な医療陣から、当病院の医療水準は既に韓国、アジアを越えて世界最高だというお褒めをよくいただきます。
そうおっしゃる彼らの表情や行動から、決して西洋人特有の社交辞令ではないと確信しています。
実際にセブランス病院は、胃癌手術のみ1年に600件以上も執刀するSurgeonのいる病院であり、「アジアロボット手術のメッカ」と言われるほどにアジアの医師の教育機関としての名声をあげた病院です。直膓癌術後局所再発率6.0%という驚異的な成功率を誇り、世界レベルに達していない分野を探すのが困難なほどです。
セブランス病院のこのような姿を先進医術を求めて国境を越える全世界の患者に知らせることが国際診療センターの責任者である私の使命であると考えています。

セブランス病院国際診療センター所長イン・ヨハン(ジョン・リントン)

 

ㅎ

콘텐츠 처음으로 이동


\